このサイトでは、電子計測器について学ぶときに役立つざまざま情報をご紹介していきたいと思います。
主なメーカー、計測器の用途や、生産ラインに合わせた機器の選び方、販売サイトで購入するときの注意点などたくさんの情報をお届けいたします。
まだ計測器について全く知らず、これから学び始める、初めて購入する方もぜひ参考にしてください。
最後には現在の最先端の技術を使った精密計測機をいくつかご紹介しますので、最後までお楽しみください。

主な電子計測器メーカーを紹介

主な電子計測器メーカーを紹介 現在使われている電子計測器はたくさんありますが、その中でもよく使われている主なメーカーについてご紹介していきます。
キーエンスは自動制御器、顕微鏡なども取り扱っている計測器メーカーです。
上場企業の中でも売り上げはトップクラスで、社員の給料が高い会社1位に輝いたこともあります。
卓上型のどこでも設置できる三次元測定機、瞬時に測定できるCNC画像測定器など、素早さと正確さを備えている商品も多いです。
グラフテックは電子計測器の他に印刷、製図関連の商品も取り扱いのある会社です。
有名なのは温度、湿度、電圧など各種データを保存できるデータロガーです。
型番によってより細かなサンプリング間隔で収録できるものや、同時に200chまで収録できる拡張ベースが付いているものなど、用途に合わせた商品選びが可能です。

電子計測器による温度を測定することについて

電子計測器による温度を測定することについて 大小さまざまな電気信号を波形で表示するのが電子計測器です。
このしくみは、電気信号の増幅や演算による分析によるもので、アナログ式とデジタル式があります。
デジタル式には、データ処理を行い記録できるものがあり、オシロスコープと呼ばれる波形観測による計測器が注目されています。
この電子計測器は、振動や温度などの変化を正確に測ることができるのが特徴といえます。
その他にも温度計測に特化した放射温度計が挙げられます。
これは赤外線の計測によるものです。
すべての物体からは、赤外線が放出されていて、その赤外線の波長を計測する仕組みです。
この測定器の利点は、高速で測ることが出来る点にあります。
さらにその物体に触れることがなく非接触の状態でも対応しています。
また、形状はハンディタイプの携帯型と設置型があります。
これらは用途に応じて適切な利用でより正確に数値化できます。
測定したい物体との距離にも関係したり、低温か高温を調べるのかどうかにもよります。
またその放射率を的確に調整することも必要です。
こうした機器を利用するためには。
基本的な操作知識を把握することが大切です。
確かな操作により正しい数値を確認することができるからです。

もっとスペクトラムアナライザを知りたい

スペクトラムアナライザについて調べてみよう