計測器を安全に使うために

計測器を安全に使うために 電子計測器を安全に使うために覚えておくべきこととしては、まずは説明書をしっかりと事前に読んでおくことが求められます。
いきなり測定を行うと、故障になったり怪我をするなどといった思わぬトラブルを引き起こす可能性があるためです。
やってはいけない電子計測器の使い方としては、ファンクションを電流測定モードにした状態で電圧を測ることが挙げられます。
このモードで電圧を測ると、ヒューズなどの保護回路はついていますが最悪の場合壊れてしまう可能性があります。
それから、高電圧を測る場合には回路をショートすることで感電してしまう可能性もあり危険ですので、測る作業をする時に測定モードを確認することは必須です。
それぞれでのファンクションで定められている最大定格入力値を超えた電圧・電流入力は、行わないようにしましょう。
測定するときには、手に水分が付着することがないようにしておきます。
これも感電する危険をなくすために大事なことです。

電子計測器の商品についての紹介文章です。

電子計測器の商品についての紹介文章です。 電子計測器の商品は、工業用のものがインターネット通販で販売されていることがあります。
例えば、メモリハイコーダ(MR8870)という電子計測器の商品は、基本情報としてオシロと同じ波形観測と実効値変動記録を1台で済ませられるとされています。
修辞波形モードに加えて、実効値変動の記録モードが新規追加されたことが特徴で、CFカードへのリアルタイム保存が実現されています。
2台同期+付属PCアプリで、4ch機として使用することができます。
コンパクトボディで持ち運びが簡単な上、直観で使える簡単操作ができます。
とても小型なのに、1Mサンプリングの高性能であることが特徴です。
小型で美しいワイドな液晶が搭載されています。
価格は110000円です。
瞬時の波形変化を記録するメモリレコーダモードと、電源電圧の実効値波形を記録する実効値レコーダモードが搭載されているものとも言えます。
メモリレコーダモードでは、最速1Mサンプリングです。