生産ラインに合わせた電子計測器選び

生産ラインに合わせた電子計測器選び 電子計測器を機能や価格だけで選んでいませんか? 用途に最適な電子計測器の選択が重要です。
生産工程の各所に電子計測器が設置されることも多いでしょう。
その時に何を重視されますか? 温度や光度などの環境に適合して正しく作動し、正しい測定値を提示することは勿論ですが、 作業者の操作性や視認性も重要な選定のポイントに入れてください。
計測操作のために生産工程の遅延が発生したり、まして視認性が悪くて計測値を見誤ってしまっては本末転倒です。
またサイズや重量も重要ですね。
計測器を設置するためにライン設計を変更して作業性の低下を招いてもいけませんし、設置場所の耐荷重を超えてしまってもいけません。
選定に当たってはカタログスペックや見積価格などの机上の条件だけでなく、ラインの現状と設置場所、作業者の操作性や視認性などについては現場の班長など現場を良く把握している方の意見も聞きながら、選定頂くのが良い方法です。
上記をご参考に最適な電子計測器をご選定頂き、業績アップに繋げて頂ければと存じます。

最先端技術を使った精密電子計測器

最先端技術を使った精密電子計測器 電子計測器は、産業のマザーツールといわれています。
最先端の精密な研究開発や、生産などに必要不可欠なツールです。
入力された大小さまざまな電気信号の幅を広くし、数字を割り出して波形を表示します。
電気信号の処理はアナログ式とデジタル式がありますが、近年ではデジタル処理を行って波形を表示させるものだけでなく、データとして記録も行うことができる多機能型ものが主流となっています。
計測器には、振動や温度などの測定観測に使用される高速波形記録計や記録計の他にも、信号確認や波の形観測に使用されるオシロスコープといった種類などがあります。
近年では、周波数特性分析機で光ディスクの振動に対して安定度や応答性の一定容量化を実現したものや、雑音に埋もれた信号の中からごくわずかな信号を検出するものなど、日々精密で高性能な最先端の電子計測器が開発され、品質の安定に不可欠なナノテクノロジーなどの高度な研究や生産に大いに役立てられています。